« 『スクリーミング・ブルー』 | トップページ | 天晴れ鷹之資と映画『春の雪』 »

2005年11月16日 (水)

『ミスティー・レイン』

柴田よしきの『ミスティー・レイン』(角川文庫)を読む。モデルあがりの若手俳優・海と、ひょんなことから彼のマネージャーとなった茉莉緒が、殺人事件に巻き込まれたりなんかしながらも芸能界で頑張ってく、みたいな話(でいいのか?)。たまに柴田作品に見受けられる甘ったるさがややこそばゆい。何しろ芸能界の話だからミーハー心がくすぐられ、ストーリーを追うのは楽しかったかな。あまりに出来すぎな設定が気になりつつも、海くんになんとなくもこみちをキャスティングして読んだら気分が乗ったよん。それほどもこみちを好いてるわけではないですが、その思い入れのなさが丁度良かったのか。

|

« 『スクリーミング・ブルー』 | トップページ | 天晴れ鷹之資と映画『春の雪』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/7134951

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミスティー・レイン』:

« 『スクリーミング・ブルー』 | トップページ | 天晴れ鷹之資と映画『春の雪』 »