« 『安政五年の大脱走』 | トップページ | 京都の本ばかり »

2005年11月10日 (木)

『沙髙樓綺譚』

浅田次郎の『沙髙樓綺譚』(徳間文庫)を読む。資産家から任侠まで各界の成功者が集まる沙髙樓、そこでは彼らが吐き出すことの出来なかった”秘密”を語る会合が開かれていた。語る者は嘘偽りを言わない、聞く者は決して他言をしない、というルールのもと披露されていくお話は、どれも不思議でちょっぴりコワイけど途中でやめられない。しかしなーんか後味悪い、的な。撮影所の話が個人的には良かったな。沙髙樓ものは続編もあるらしい。

|

« 『安政五年の大脱走』 | トップページ | 京都の本ばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/7024649

この記事へのトラックバック一覧です: 『沙髙樓綺譚』:

« 『安政五年の大脱走』 | トップページ | 京都の本ばかり »