« 『北村薫のミステリー館』 | トップページ | 『女形』 »

2005年10月 6日 (木)

映画『メゾン・ド・ヒミコ』

ついに見てまいりました、映画『メゾン・ド・ヒミコ』。ざっくり言ってしまえばゲイの老人ホームの話だが、なんか良かったなあ。ヒミコ(田中泯)の美しい肉体と、静かなのに迫力のあるたたずまいにまず圧倒される。老いてもキュートでちょっぴりお下劣、しかし洒落者でイカしてるアクの強い住人達。楽しそうな暮らし振りだけど、やはりそこはかとなく哀しくせつなくやるせないこともある。男祭の中にあって、常時眉間に皺を寄せ不機嫌なカオをしてるのに可愛くて、そしてかなりすっとぼけた面白味のある柴咲コウがイイです。そして何はなくともオダギリジョー!スバラシすぎる...嗚呼その魅力を語るには言葉が足りませんわ。ほんと、良かったなあ。

|

« 『北村薫のミステリー館』 | トップページ | 『女形』 »

コメント

うわあ!そうですか!(って、またくいついてるし。)
じつは先週いそいそと上映館に行ったら前日に終わっており、、、大失敗。しかたなく「シンシティ」をかわりに見てしまったのでした・・。全然ちがうやんけ!

嗚呼、ヒミコ見ねば!行かねば!

投稿: ぜぶら | 2005年10月 6日 (木) 23時11分

ハローぜぶらさん
それは本当に残念でしたね...
見られると良いですね!
私は今日も何かっつうとこの映画のことを反芻してしまいました。
ゲイの老後についてとか考えたり。
まあその前に自分の老後を考えろって話だが。
シンシティは面白かったですか??

投稿: おさるもしくはのっぴ | 2005年10月 7日 (金) 02時55分

のっぴさんこんばんは。
シンシティは映像表現としては面白いと思いましたよ。しかし、残虐シーンが多くて「うぇぇぇ」と思った回数多し。可愛いめイメージのエライジャウッドは妙〜に怖かったし。(本人は楽しんだろうな・・)隣の席のホスト系兄ちゃんの香水が臭すぎて、苦しみつつ見たのでなんだかクラクラしましたよ。
そうそう、デボン青木は個性的で素敵でした・・。

投稿: ぜぶら | 2005年10月 8日 (土) 23時00分

ハローぜぶらさん
シンシティ情報アリガトウございます。
確かにデボン青木はスゴイね。一度見たら忘れられないツラガマエですね。
あと、ミッキー・ロークはどこに出ていたのですか、っつう意見も読んだことがある。
あんな特殊メイクするならミッキー・ロークじゃなくてもいいのに的な。
香水は最悪でしたな...
ぜしオダジョーで諸々清めてください!

投稿: おさるもしくはのっぴ | 2005年10月 8日 (土) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『メゾン・ド・ヒミコ』:

« 『北村薫のミステリー館』 | トップページ | 『女形』 »