« 『魔王』 | トップページ | 『20世紀少年(20)』 »

2005年10月31日 (月)

『県庁の星』

面白そうだなーと思ってなんとなく買ってみた『県庁の星』(桂望実著/小学館)を読む。役人根性バリバリの、県庁のエリートが研修のため派遣された民間企業(っつってもスーパーマーケット)でどんなことをやらかしてくれるのか!?この根性直るのか!?そしてスーパーの面々にどんな変化をもたらすのか!?等々、異文化交流ぶりが予想できる範囲内だけど無難に面白い。いかにも織田裕二主演で映画にしそうな話だが。奴を思い出しながら読むのはシャクなので、エリートくんの”背が高い”描写の一点のみでアンガールズ田中をキャスティングして読んでみたら案外良かった。これから読む皆さんにも田中をお薦めします。

|

« 『魔王』 | トップページ | 『20世紀少年(20)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/6799867

この記事へのトラックバック一覧です: 『県庁の星』:

» 県庁の星 [だって社長になりたいんだもんっ!]
県庁の星随分前に買った本ですが、なかなか読む時間がなかったんですが、やっと読み終わりました。 県庁で働くエリート公務員の野村が民間研修で送り込まれたのは、地方のスーパー!そのエリート野村の教育係はパートのおばさん二宮。バリバリの役人気質とエリート意識の高....... [続きを読む]

受信: 2005年11月 2日 (水) 17時02分

« 『魔王』 | トップページ | 『20世紀少年(20)』 »