« 映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』 | トップページ | 『日はまた熱血ポンちゃん』 »

2005年10月21日 (金)

『レタスバーガープリーズ.OK,OK!(10)』

ついに最終巻なのレタスバーガー....つうわけで涙にむせびながら、一頁一頁噛み締めながら、松田奈緒子の『レタスバーガープリーズ.OK,OK!(10)』(集英社)を読む。今回の口絵はなんとわたくしもだーい好きな仏・東寺の帝釈天だよ!ナイス!このマンガは稲造と綾の色恋沙汰も勿論良いのですが、家族と言ううっとおしいけどいとおしい存在がかなり大きく、大切に描かれております。それはもうずずんとストレートにくるんです。綾んちは言わずもがな、一見希薄な感じもするちょっと不思議な稲造の家にもちゃんと筋の通った家族愛があるし。しかし最終巻にして初登場の稲造の母には驚いた。ばーちゃんの梅子も相当な傑物だったが、母のエリさんはスゴイ。そんな諸々を味わいながらもう一回10冊読み直したいと思っております。

|

« 映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』 | トップページ | 『日はまた熱血ポンちゃん』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『レタスバーガープリーズ.OK,OK!(10)』:

« 映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』 | トップページ | 『日はまた熱血ポンちゃん』 »