« 『東京奇譚集』 | トップページ | Meets! »

2005年9月21日 (水)

『ザ・ジョーカー』

大沢在昌の『ザ・ジョーカー』(講談社文庫)を読む。大極宮の中では大沢氏のみ、その作品をほとんど読んだ事がないのだが、本作はハードボイルドだっつうのでトライしてみた。あらゆるトラブルを請け負う男”ジョーカー”は素性も本名も謎に包まれておるが、腕は確かでアタマもきれる。彼に会えるのは六本木のとあるバー。次々と持ち込まれる仕事はどこか危険で胡散臭いものばかり...っつう、おおハードボイルド!な感じでありました。ちょっと殺しすぎかな。でもまあジョーカーだから、ってことで。このシリーズならまた読んでもいいかも。

|

« 『東京奇譚集』 | トップページ | Meets! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/6042043

この記事へのトラックバック一覧です: 『ザ・ジョーカー』:

« 『東京奇譚集』 | トップページ | Meets! »