« ただ、本を買うシアワセ | トップページ | 『τになるまで待って』 »

2005年9月 9日 (金)

『隅田川浮世桜』

小杉健治の『隅田川浮世桜』(講談社文庫)を読んだ。”梨園と花柳界を舞台に描く芸と愛と人情の物語”っつう触れ込みにひかれたもの。タイトルも今知りました。明治の世、今をときめく歌舞伎界の御曹司・市之助が初日に穴をあけ失踪!どうする市之助!そして馴染みの芸妓・志津香は!?みたいな掴みは良いね。確かに題材は興味深いのだけど、なんとなーくまとまりがないような。なんとなーく惜しい感じ。仕組まれた陰謀も今ひとつ分かりにくいし。あと芸妓さんの格好とか、芝居の衣装の描写なんかがほとんどないのがこれまた残念であった。そうゆうところも味わいたいのねー。

|

« ただ、本を買うシアワセ | トップページ | 『τになるまで待って』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『隅田川浮世桜』:

« ただ、本を買うシアワセ | トップページ | 『τになるまで待って』 »