« 『東日流妖異変』 | トップページ | 映画『妖怪大戦争』 »

2005年9月14日 (水)

『のだめカンタービレ(13)』

待望の『のだめカンタービレ(13)』(二ノ宮知子/講談社)発売で即買い即読み。ほんとにありとあらゆる意味でスゴいねこの女...のだめほどの規格外だからこそ、あの千秋様とうまく行くのでしょうか。嗚呼呪文料理が食べたいデス。今回、のだめ祭とかで特製しおりがついていた。ちなみに黒木くんだった。いぶし銀...

|

« 『東日流妖異変』 | トップページ | 映画『妖怪大戦争』 »

コメント

おうっ。ワタクシも帰り電車で読んでしまいました。このトシでカバー付きとはいえ電車で漫画を平気で読めるのは、なにかが終わってる気もしますが、家まで待てないし!
しおり、私のは双子の片割れ、萌ちゃんでした・・・。

投稿: ぜぶら | 2005年9月15日 (木) 00時07分

お気持ち激しくわかりますわ。
わたしもコソコソ読むことあります...
萌ちゃんかー。ちょっとマニアな感じがいいなあ。
会社で前の席に座っている女子(松野明美似)は千秋様だったそうで、
かなり羨ましかった。悔しくすらあった。ちっちゃいね。

投稿: おさるもしくはのっぴ | 2005年9月15日 (木) 02時26分

私も黒木くんでした…峰くんのお父様が良かったのう。
いぶし銀は好きだが明るさも欲しいのであります。

投稿: らぶはんたー(あばずれ) | 2005年9月16日 (金) 01時35分

いぶし銀仲間だな!
爺専のらぶはんたーさんはミルヒー狙いかと思ってたよ...
峰父か。過保護さ加減がかわゆらしいよねー

投稿: おさるもしくはのっぴ | 2005年9月16日 (金) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『のだめカンタービレ(13)』:

« 『東日流妖異変』 | トップページ | 映画『妖怪大戦争』 »