« 『キレイ』 | トップページ | 『死神の精度』 »

2005年7月10日 (日)

『役者は勘九郎』

博多座の隣には芝居関係の書籍が充実している小さな紀伊国屋書店があって、なかなかマニアックな品揃えがとっても嬉しい。本日読んだ関容子さんの『役者は勘九郎 中村屋三代』(文春文庫)は、先日の歌舞伎鑑賞の折に記念に買ったもの。関容子さんの書く歌舞伎まわりのお話は、丁寧であったかくて隅々まで行き届いている感じが心地よくて好き。役者だけでなく、古くからの付き人さんや裏方さんの貴重な話を読むのが、今大層楽しく思えるおさるであった。

|

« 『キレイ』 | トップページ | 『死神の精度』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/4899471

この記事へのトラックバック一覧です: 『役者は勘九郎』:

« 『キレイ』 | トップページ | 『死神の精度』 »