« リク、イラ、ヒナコさん他 | トップページ | 『NINAGAWA 十二夜』ふたたび »

2005年7月30日 (土)

『触身仏』

北森鴻の『触身仏 蓮丈那智フィールドファイルⅡ』(新潮文庫)を読んだ。アタマが切れて美しい異端の民俗学者・蓮丈那智が、研究を進める中で何故か頻繁に巻き込まれる事件を解決しつつ、五百羅漢、大黒天、即身仏などの謎についても迫る。その謎解きがなかなかに説得力があって、大層読み応えのあるシリーズであります。ドMちゃんなのか?なワトソン役の助手・内藤三國がちょっと可愛い...。木村多江主演でドラマ化らしいですが、割と納得のキャスティングかも。美人だし。

|

« リク、イラ、ヒナコさん他 | トップページ | 『NINAGAWA 十二夜』ふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/5226140

この記事へのトラックバック一覧です: 『触身仏』:

« リク、イラ、ヒナコさん他 | トップページ | 『NINAGAWA 十二夜』ふたたび »