« 『死神の精度』 | トップページ | 動く菊之助 »

2005年7月12日 (火)

『オテル モル』

なんだか気になっていた栗田有起の『オテル モル』(集英社)を、マンキー父に借りて読んだ。その存在意義、たたずまい、諸々の仕組みや宿泊客に至るまで相当変わっているホテル(フランス語でオテル)で働くことになった女子の物語。このような場所にある、このような風変わりなホテルの話を読むと、村上春樹みたいだなと思ってしまうのはハルキ世代の悪い癖か。否・角川春樹。つうわけで他の作品もぜし読んでみたい。

|

« 『死神の精度』 | トップページ | 動く菊之助 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/4934012

この記事へのトラックバック一覧です: 『オテル モル』:

« 『死神の精度』 | トップページ | 動く菊之助 »