« 『鏡の中は日曜日』 | トップページ | 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 »

2005年7月 2日 (土)

『20世紀少年(19)』

浦沢直樹『20世紀少年(19)』(小学館)を読む。もう19冊かー。そろそろ決着をつけてもらわんと....な感じになってきた。これからどーなるんですか浦沢さん!そして”ともだち”誰なんですか!つづく。

|

« 『鏡の中は日曜日』 | トップページ | 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『20世紀少年(19)』:

» 20世紀少年(マンガ)★★★★☆ [IDEA file]
よくお邪魔するブログでこのマンガが紹介され、大好きな作家さんがこの本をオススメしていて、最近ラジオでガンガン流れるスキマスイッチの『全力少年』という曲がこのマンガのタイトルとリンクして、興味ゲージが一気に加速!読んでみることに。サブタイトル(?)に『本格科学冒険漫画』とありますが、内容をすっごくカンタンにいうと昭和40年代の少年達の多くが、それぞれに夢中になった“秘密基地”や“正義の味方”の空想が、そのまま現代で現実になってしまったら!?というもの。 現実・現代・リアル × 幼稚・極端... [続きを読む]

受信: 2005年7月 2日 (土) 11時36分

« 『鏡の中は日曜日』 | トップページ | 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 »