« 『蒲公英草紙』 | トップページ | 文庫は午後便で入荷する »

2005年6月 7日 (火)

『光の帝国』

昨日『蒲公英草紙』を読んだら、『光の帝国』(恩田陸著/集英社・現在は文庫版もあり)にハゲしく呼ばれた気がして久しぶりに読み返す。信号待ちのわずかな時間も本を離せないほどにのめり込む。時々嗚咽したり。静かで強く優しく大きい、常野の人たちの生きざまがいちいち泣ける。彼らに幸あれば、わしらにも幸が訪れるハズ、としみじみ思う。いいっすよ。

|

« 『蒲公英草紙』 | トップページ | 文庫は午後便で入荷する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/4446745

この記事へのトラックバック一覧です: 『光の帝国』:

« 『蒲公英草紙』 | トップページ | 文庫は午後便で入荷する »