« 『白いへび眠る島』 | トップページ | 『光の帝国』 »

2005年6月 6日 (月)

『蒲公英草紙』

恩田陸の『蒲公英草紙 常野物語』(集英社)を読んだ。常野と呼ばれる、少し普通とは違った能力を持つ人々を描いたシリーズの第二弾がついに!というわけで即買い。前作『光の帝国』の続編だと勝手に思っていたら、違う時代の物語であった。こう来たか。にしても山河美しい田舎の、まだのんびりとしたその時代の雰囲気がなかなか良かっただけに、ラストのやるせなさが何とも....
『光の帝国』は恩田陸作品の中でもベスト3に入ると思う傑作なので、このシリーズはこれからもずっと読みたいなあと切に願う。

|

« 『白いへび眠る島』 | トップページ | 『光の帝国』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/4430033

この記事へのトラックバック一覧です: 『蒲公英草紙』:

« 『白いへび眠る島』 | トップページ | 『光の帝国』 »